FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フラット35s」の1%金利優遇が一部復活?

先日、今月(9月)末をもって「フラット35s」の1%金利優遇が終了する
という話をこのブログで取り上げました。

もう間もなく上記の1%金利優遇が終了するという今日、関連のニュースが
ありました。

まずは、記事をご覧ください。

<フラット35S>適用対象を「省エネ住宅」に限定し復活
 国土交通省は21日、9月末で申し込み受け付けを終了する長期固定金利型住宅ローン「フラット35S」の金利1%引き下げ措置について、11年度第3次補正予算で財源を確保し、適用対象を「省エネルギー性に優れた住宅を取得した場合」に限定して、今年度中に復活を目指す方針を明らかにした。

 現在のフラット35Sは、省エネルギー性のほか耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性のいずれかに優れた住宅を取得した場合が対象。最長35年間にわたって適用金利が固定されるのが基本のローン「フラット35」の特徴だが、現在の「35S」は当初10年間について、「35」より1%低い優遇金利を適用している。

 元々の金利引き下げ幅は0.3%だったが、昨年2月から1%に拡大した。ところが利用者が想定より多かったため、同省は8月、今年12月末としていた受付期限を3カ月前倒しすることを決めていた。
毎日新聞 9月22日(木)2時30分配信




要約すれば、「省エネルギー性に優れた住宅」の場合のみ、これまでの
「フラット35s」の1%金利優遇を復活させる方針を示した

ということです。

具体的には、まず「フラット35s」のポイントである次の2点を満たし

1 断熱材を厚くしっかり施工します
(例) 壁の断熱材(グラスウール16K)・木造・東京の場合
   フラット35 :30mm
   フラット35S :100mm

dannetuzai


2 窓は複層ガラス、玄関は断熱ドアにします

hukusougarasu

※上記は「フラット35s」ホームページより

さらに住宅性能表示基準における省エネルギー対策「等級4」基準
を満たす必要がある
ようです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
↓↓↓
「省エネルギー性に関する基準(省エネルギー対策等級4)の概要」


これまでの「フラット35s」では、省エネルギー性のほか
耐震性バリアフリー性耐久性・可変性いずれかに優れた住宅であれば
適用されたのですが、省エネルギー性だけとなると
対象になる住宅はかなり限られてきます

新築一戸建てをこれから建設するような場合は、省エネルギー基準を
満たすよう配慮することもできますが、

既存の中古住宅では、まずこの基準を満たしているのか確認することも大変ですし、
実際に満たしている住宅はそれほど多くないと思われます。

一部、「フラット35s」の1%金利優遇が復活するかもしれませんが、
適用範囲は相当限られそうです。



= / = / = / = / = / = / = / = / = / = / = / =

akitsu_homepage
 不動産サポート.jp
 (不動産サポートオフィス)

不動産相談の専門オフィスです。

相談・アドバイスに特化しているので、不動産会社のような営業は一切ありません。
不動産の専門家が客観的に、的確にお応えします。
人生最大のお買い物の前に、是非、ご相談ください。

・ブログでは書いていないこと
・不動産の基本的なこと
・ちょっと聞いてみたいこと
・試しに専門家の意見を聞いてみたい
など、この機会にぜひご利用ください。

⇒お問い合わせはこちらから

※メールフォームが開きますので、「各種お問い合わせ」を選んでください。
※内容部分に「ブログを読んで」と書いていただけると助かります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公式サイト
不動産相談総合サイト 不動産サポート.jp
スポンサードリンク
プロフィール

akitsu

Author:akitsu
不動産コンサルタントの秋津智幸です。
これまで新築マンションや一戸建て、中古物件の仲介、賃貸住宅の募集・管理、不動産投資のコンサルなど様々な不動産実務を経験してきました。
ファイナンシャルプランナーの資格も保有し、不動産ばかりでなくお金のこともご相談にのってきました。

リンク
著書
主なテーマはお金ですが、住宅購入のためのヒントにたくさんのページを割いています。よろしければ是非ご一読ください。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。