FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

融資(ローン)の借り方のポイント①

住宅を購入する際に、現金で全額支払える方はほんの一握りしか
いらっしゃいません。

ほとんどの方が融資(ローン)を利用されることだと思います。

そこで融資(ローン)の借り方についてお話します。

「融資の選び方」と言ってもいいかもしれません。


金融機関では「借りる方の状況」「対象となる物件の状況」
きちんと判断して、どういう条件とするか決定します。

そこで、ここでは融資が借りられることを前提として、
その時のどういう条件の融資を利用するかを考えます。



皆さんは、融資(ローン)の借りるときにどこにポイントを
置いているでしょうか?

多くの方が、「金利」とお答えになるのではないでしょうか。

結論からお話しすると、

「金利」だけを判断の材料としてはNGです


もちろん、「金利」は重要な判断要素ですが、それだけではダメなのです。


私がお勧めしている“融資の借り方(選び方)”は、

「必ず融資の条件すべてにバランスをとる」

ということです。


融資(ローン)を借りるときには、「金利」以外に必ず様々な
条件があります。

この条件をすべて勘案して利用する融資(ローン)を決める
必要がある
ということです。

融資(ローン)には次のような条件があります。

○金利
○融資期間
○融資額
○その他条件(固定・変動の別、連帯保証人や担保など)


金融機関(銀行等)では、このすべて条件が相互に関係して
最終的な融資条件となっています。

例えば、同じ人が同じ物件を購入するとしても・・・

○融資期間が短ければ、金利が低くなる
○融資額が少なければ、金利が低くなる
○融資期間が短ければ、融資額が増える(※注)


(※注)
実際は、金利が低くなると融資可能額が増えるので、
金利が安くならない場合は、融資期間が短くなると融資額は
逆に減ることになります。

というように密接に関係します。

融資条件の関係


次回は、少し具体的に事例を使って考えてみます。



= / = / = / = / = / = / = / = / = / = / = / =

akitsu_homepage
 不動産サポート.jp
 (Akitsu不動産サポートオフィス)

不動産相談の専門オフィスです。

相談・アドバイスに特化しているので、不動産会社のような営業は一切ありません。
不動産の専門家が客観的に、的確にお応えします。
人生最大のお買い物の前に、是非、ご相談ください。

【ブログ読者限定】
初回無料のメール相談受付中!
・ブログでは書いていないこと
・不動産の基本的なこと
・ちょっと聞いてみたいこと
・試しに専門家の意見を聞いてみたい
など、この機会にぜひご利用ください。

⇒お問い合わせはこちらから

※メールフォームが開きますので、「各種お問い合わせ」を選んでください。
※内容部分に「ブログを読んで」と書いていただけると助かります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公式サイト
不動産相談総合サイト 不動産サポート.jp
スポンサードリンク
プロフィール

akitsu

Author:akitsu
不動産コンサルタントの秋津智幸です。
これまで新築マンションや一戸建て、中古物件の仲介、賃貸住宅の募集・管理、不動産投資のコンサルなど様々な不動産実務を経験してきました。
ファイナンシャルプランナーの資格も保有し、不動産ばかりでなくお金のこともご相談にのってきました。

リンク
著書
主なテーマはお金ですが、住宅購入のためのヒントにたくさんのページを割いています。よろしければ是非ご一読ください。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。