FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢い一戸建ての買い方は?

今回は一戸建て住宅の購入を考えている方にヒントになるお話をします。

さて、一戸建てを購入しようとすると、パターンは3つです。

○新築建売住宅を購入する
○中古住宅を購入する
○土地を購入し、注文住宅を建てる


特に、土地を購入して注文住宅を建てるパターンでは、ある程度の
資金、労力と時間が必要
となりますが、その分自分の思った住宅を
建てることができます。

しかし、資金的にそれほど余力のない場合は、予算的に新築建売住宅か、
中古住宅が検討の対象になるでしょう。

この場合、おすすめなのは「中古住宅」の方です

主な理由を挙げてみると・・・

・物件価格が新築より安い
 当然ながら建物が古くなる分、価格は新築より安くなります。
 新築と比べると、同規模なら価格が安く、同じ金額なら物件が大きく(広く)なります。

・売りに出ている物件数が中古物件の方が圧倒的に多い
 予算が限られている中で物件を見つけることは容易ではありません。
 しかも、新築建売住宅は思ったところになかなか出てこないものです。
 そこで、市場に物件数が多い中古住宅の方が希望しているエリアで出てきやすく、
 購入しやすくなります。

・新築物件と変わらぬ融資が受けられる
 以前は中古一戸建て(木造住宅)に対して、築年などの融資条件が
 厳しいものでしたが、フラット35の登場によってこの基準が緩和され
 新耐震(昭和56年6月1日以降建築確認取得)であれば、最長35年
 の融資が受けられる可能性が高く、新築と変わらぬ融資が可能です。

これらの理由から、さらに一歩進んで考えると、
中古住宅ならば、気に入った場所に土地建物を安く手に入れることができ
その分の資金を回し、早い段階で建替えか、大規模リフォームを行う
ことも可能になります。

さらに、心理的にも新築で買った住宅よりも、中古住宅の方が思い切った
リフォームがしやすいということもあります。
(物件への愛着の問題?)

建物はどのようにでも、法律や条令の範囲内であれば、変更が可能ですが、
土地は簡単には変更(移動することが)できません

だからこそ、やはり気に入った場所に住宅を購入してほしいと考えています。
不動産は「動かない資産」ですから。

その為には、検討できる物件情報が多い方が有利なのです。
(中古住宅の方が、情報量が多いことは前述。)

また、この考え方(中古購入してリフォーム)は、マンションでも
十分に当てはまります


しかし、土地を取得できる一戸建ての方がマンションよりもこの考え方に
適しています。
その理由は、マンションでは土地にも、建物のリフォームにも制限があるからです。


最後に、もし、予算的な制約があって、どうしても新築物件でなければ嫌だ
ということでなければ、中古物件を優先して検討してみてはいかがでしょうか?




= / = / = / = / = / = / = / = / = / = / = / =

akitsu_homepage
 不動産サポート.jp
 (不動産サポートオフィス)

不動産相談の専門オフィスです。

相談・アドバイスに特化しているので、不動産会社のような営業は一切ありません。
不動産の専門家が客観的に、的確にお応えします。
人生最大のお買い物の前に、是非、ご相談ください。

・ブログでは書いていないこと
・不動産の基本的なこと
・ちょっと聞いてみたいこと
・試しに専門家の意見を聞いてみたい
など、この機会にぜひご利用ください。

⇒お問い合わせはこちらから

※メールフォームが開きますので、「各種お問い合わせ」を選んでください。
※内容部分に「ブログを読んで」と書いていただけると助かります。



スポンサーサイト
公式サイト
不動産相談総合サイト 不動産サポート.jp
スポンサードリンク
プロフィール

akitsu

Author:akitsu
不動産コンサルタントの秋津智幸です。
これまで新築マンションや一戸建て、中古物件の仲介、賃貸住宅の募集・管理、不動産投資のコンサルなど様々な不動産実務を経験してきました。
ファイナンシャルプランナーの資格も保有し、不動産ばかりでなくお金のこともご相談にのってきました。

リンク
著書
主なテーマはお金ですが、住宅購入のためのヒントにたくさんのページを割いています。よろしければ是非ご一読ください。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。