FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<特集>神奈川県の地震に弱いと思われる地域

今回は神奈川県の「地震に弱い」と思われるところを調べるための
情報をまとめてみました。

インターネット上に「神奈川県」が発表している情報ですが、
探すと意外に時間がかかるので、まとめてみた次第です。
(地図にたどり着くのが大変なものはその説明も入れました。)


今回の「東日本大震災」では、様々な被害が報告されましたが、
神奈川県でも災害毎に予想をしていますので、災害別にご紹介
します。


<震度>

想定される地震(例:東海地震)別に想定されています。

詳細なマップが見ることができ、「e-かなマップ」で閲覧できます。

マップはこちら
↓↓↓
「e-かなマップ」

 ※上記のリンクは「防災マップ」の「ご利用の注意」にリンクします。
  ここから次の手順で「震度マップ」へ移動できます。

 <地図の表示まで>
 ①「ご利用上の注意」に「同意」
 ②「マップ切替」から「対象の地震」を選んで「変更」をクリック
 ③再度「ご利用上の注意」に「同意」
 ④「地図上」をクリック、または「住所検索」からみたい地域を入力し
  「検索」をクリック「地図表示」

 これで、「予想震度分布」が見ることができます。

例えば、「東海地震」では本厚木駅周辺で「震度6弱」と予想される
といったことが分ります。



<液状化>

今回の地震でも神奈川県横浜市中区の一部で実際に「液状化現象」が
発生しましたが、神奈川県では「液状化」についても想定される地震毎に
発生予想地域を想定しています。

詳細なマップは「震度」と同じ「e-かなマップ」で閲覧できます。

マップはこちら
↓↓↓
「e-かなマップ」

 <地図の表示まで>
 まずは、「予想震度分布」まで地図を進めるところまで同じです。
 ここから次の手順で、「液状化」予想マップへ

 左側「表示切替」から「液状化想定図」をクリック
 しばらくすると地図に色分けで表示される

 ※右上に「凡例」があるのでそこを表示しながら見ると分かりやすいです。

例えば、「南関東地震」では、川崎市のJR南武線「平間」駅や
東急東横線「元住吉」駅周辺で「液状化」が予想されるなどの比較的
細かい情報を見ることができます。



<津波>

今回の地震では地震の揺れや火災よりも「津波」による被害が甚大で、
その怖さを思い知らされました。

神奈川県でも「津波」に関する「浸水予想図」を作成しています。

マップはこちら
↓↓↓
「浸水予想図」

少し重い容量のPDFファイルで表示されます。

基本的には想定される地震別に地図を選ぶようになっています。
また、神奈川県の沿岸部のみの表示です。

例えば、「東海地震」では藤沢市の江の島周辺の東側に1.2m~2mの津波が
予想されているといった情報を見ることができます。



<活断層>

今回の地震ではあまり取り上げられませんでしたが、「阪神大震災」の
ときには非常に大きく取り上げられました


今回のように“海上沖が震源”の地震であれば、「震度(揺れ)」や
「津波」が被害の大きさを左右しますが、「阪神大震災」のように
“直下型”地震では「活断層」がある地域で被害が大きくなります

そのため、「阪神大震災」では「活断層」が取り上げられたのですが、
どこを震源として地震が発生するか分りません。

そこで、前にもこのブログで取り上げましたが、「活断層」のマップも
再度取り上げました。

マップはこちら
↓↓↓
「活断層マップ」
このマップでは見にくいのですが、実線で表示されたものが「活断層」です。

例えば、三浦半島(横須賀市)の陸上自衛隊武山駐屯地北側を走る
「武山断層」という「活断層」があることがわかります。



<土砂災害>

地震のほか、台風や大雨などで“土砂崩れ”などの土砂災害が発生する
可能性が高い地域(箇所)
として神奈川県が公開している情報があります。

不動産の売買取引では重要事項説明で必ずこの地域の説明(地域内か否か)
を義務付けているものです。

神奈川県では「土砂災害危険個所マップ」「土砂災害計画区域等マップ」
の2種類のマップを公開しています。

このエリア内にあるから“危険”、エリア外だから“安全”という訳では
ありません
が、「可能性の問題」として参考に見ておきましょう。

また、このマップがやや見にくく、境界がはっきりしていませんが、
この境界も明確なものではないので、「この辺り」というイメージで
見ることをお勧めします。

マップはこちら
↓↓↓
「土砂災害危険個所マップ」

「土砂災害計画区域等マップ」

例えば、これらのマップで横須賀市を見ると、県内の他の市町村よりも
指定区域が多いことがよくわかります。



基本的には元々“山”ないし“丘陵”だったところを人工的に削って
宅地等にしたところは急傾斜になり、こうした地域が指定されています。

土砂災害区域に指定されている地域内で住宅を探す場合のポイントは、
危険(警戒)区域であることを認識してその対策が施されているかどうかです。



<被害想定調査>

また、神奈川県では「地震被害想定調査」というものを実施しており、
“報告書”(平成21年3月)という形で公開されています。

地図ではなく、神奈川県全県に亘って、被害想定を行っています。
文字(文章)で確認しておくのもいいかと思いますので、
気になる方は一読する価値があると思います。

報告書はこちら
↓↓↓
「地震被害想定調査報告」


地震については、購入でも賃貸でも住宅を探している方にとっては
関心の高いものだと思います。

ただ、公表されたものではありますが、あくまで想定であり、
実際はどうなるかわかりません

(今回の地震は想定を超えていましたし、場合によっては想定を
下回ることもあります。)

あまり意識しすぎると、「安心して住むところがなくなってしまう」
かもしれません。

そこで最低限の安心材料として活用することをお勧めします。



= / = / = / = / = / = / = / = / = / = / = / =

akitsu_homepage
 不動産サポート.jp
 (不動産サポートオフィス)

不動産相談の専門オフィスです。

相談・アドバイスに特化しているので、不動産会社のような営業は一切ありません。
不動産の専門家が客観的に、的確にお応えします。
人生最大のお買い物の前に、是非、ご相談ください。

・ブログでは書いていないこと
・不動産の基本的なこと
・ちょっと聞いてみたいこと
・試しに専門家の意見を聞いてみたい
など、この機会にぜひご利用ください。

⇒お問い合わせはこちらから

※メールフォームが開きますので、「各種お問い合わせ」を選んでください。
※内容部分に「ブログを読んで」と書いていただけると助かります。





スポンサーサイト
公式サイト
不動産相談総合サイト 不動産サポート.jp
スポンサードリンク
プロフィール

akitsu

Author:akitsu
不動産コンサルタントの秋津智幸です。
これまで新築マンションや一戸建て、中古物件の仲介、賃貸住宅の募集・管理、不動産投資のコンサルなど様々な不動産実務を経験してきました。
ファイナンシャルプランナーの資格も保有し、不動産ばかりでなくお金のこともご相談にのってきました。

リンク
著書
主なテーマはお金ですが、住宅購入のためのヒントにたくさんのページを割いています。よろしければ是非ご一読ください。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。