FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てと住宅選び

皆さんは住宅を選ぶとき、何を最も重要なポイントとしていますか。

お子さんのいらっしゃる方は子育てをする環境を重視していることだと思います。

そこで、今回のテーマは「子育て」と住宅選びを取り上げてみました。


私にも子供が2人おりますが、住宅を選ぶ際には、やはり子供の生活環境は考慮しました。
しかし、住宅を選ぶ際、子供の生活環境は優先順位でいうと、3番目でした。

というのは、

子供の生活環境ばかりを優先してしまうと後々困ることになるのではないか

というのが私の持論だからです。

私も住宅ローンを利用していますが、
住宅ローンは何十年という長期に亘るものです


まず、図を見てください。

子育て期間と住宅ローン


こうして見ていただくと、住宅ローンの期間と比べると
子供が独立していくまでの期間は短いことがわかります。

しかも、購入した住宅は・・・

ローンが終わった後も夫婦2人で生活していく基盤

となります。

さらに住宅は購入すると、自身にとって最も高額で重要な資産となります。


この資産は、子供だけでなく老後の自分たちの生活の糧にしていかなければなりません。

ここで「住宅」という資産の老後の活用方法を分けて考えてみます。



○自分たちの終(つい)の棲家(すみか)とする

終生購入した住宅に住み続ける場合です。

私は以前、終身利用権型の高齢者住宅を販売していた経験があます。
その時、相当数のご高齢者の方と話をさせていただきましたが、
皆さん、歳をとると体が思うようにならなくなり、特に足が悪くなると
住む場所は、駅に近い、買い物に便利など利便性の高い住環境が重要だとお話されていました。

その他にも、子供たちが遊びに来やすいところがいいということでも
利便性を重視している方が多かったのも記憶しています。

まとめると

・歳をとったときほど、生活利便施設が近くにある住環境の方がいい
・子供たちが遊びに来てもらうにも利便性が高い(駅に近いなど)方がいい


ということになるようです。

このことから、購入した住宅を自分たちの終の棲家として考えた場合、
子供たちが巣立ったあとの自分たちの老後の生活面からみると
便利な立地に家があった方が良さそうです




○自宅を活用して老後資金とする

次に、購入した「住宅」を老後の資金源とする場合を考えましょう。

先にお話した高齢者住宅を販売していた時の話ですが、
その住宅に入居するための資金を確保するために自宅を売却して
資金を確保している方もいらっしゃいました。

こうした高齢者住宅に入居するようなケースではない場合でも
生活資金を確保する手段として自宅の売却は十分に考えられます。


また、住宅を売却せず、人に貸す(賃貸に出す)という形で
家賃収入を生活費に充てる
ということも考えられます。


売却、賃貸のどちらの場合でも、資金確保するためには「立地」の
いい方が「高く」売ったり、貸したりできることになります。



老後の資金源としての役割を考えてみた場合でも、利便性の高い
(=立地の良い)ところに住宅を購入した方が良さそうです




○子供への相続財産として見たら

以前、親御さんが亡くなられ、引き継いだ土地建物について
こんな相談を受けたことがあります。

「親の住んでいた住宅(土地・建物)をどうしたらいいか悩んでいます。
売るにしても売れそうもない。貸すとしても借り手がいるとは思えない。
それでも、毎年税金を支払うことになってしまっていて困っているんです。」

というものでした。

物件は千葉県の結構奥にあって、車を使用しないと行けず、周りは畑でした。


この方の場合は、相続税を支払った上に毎年税金が発生しており、
子供にとっては負担となっているケースです。


これは極端な例ですが、相続した子供が持て余してしまうのは少し考えものです。

ここまでいかないまでも、将来、兄弟姉妹が相続問題で関係を
悪くすることは往々にして発生します。

確かに莫大な資産がある方が揉め事が多いのかもしれませんが、
残した資産のために子供が苦労するというのも考えものです。


せっかく、人生の大半を掛けて自分の資産となった住宅が
子供の役に立つようにしたい
というのも親心です。


そのためにも、将来においても資産価値のある住宅を購入する
というのは悪いことではないと思います。



結論としては、

まず自分の老後の生活基盤になるのだということを意識し、
結果的に、その方が将来の子供のためにもなる


という住宅の選び方をお勧めするということです。


子供はいつか巣立ちます。

子供が小さいうちにはいい環境でも、子供が大きくなったらそうではなくなることもあります。

そして、子供が一緒に暮らす期間よりも長く、自分の人生と住宅は“縁”があるものなのです。



= / = / = / = / = / = / = / = / = / = / = / =

akitsu_homepage
 不動産サポート.jp
 (不動産サポートオフィス)

不動産相談の専門オフィスです。

相談・アドバイスに特化しているので、不動産会社のような営業は一切ありません。
不動産の専門家が客観的に、的確にお応えします。
人生最大のお買い物の前に、是非、ご相談ください。

・ブログでは書いていないこと
・不動産の基本的なこと
・ちょっと聞いてみたいこと
・試しに専門家の意見を聞いてみたい
など、この機会にぜひご利用ください。

⇒お問い合わせはこちらから

※メールフォームが開きますので、「各種お問い合わせ」を選んでください。
※内容部分に「ブログを読んで」と書いていただけると助かります。


スポンサーサイト
公式サイト
不動産相談総合サイト 不動産サポート.jp
スポンサードリンク
プロフィール

akitsu

Author:akitsu
不動産コンサルタントの秋津智幸です。
これまで新築マンションや一戸建て、中古物件の仲介、賃貸住宅の募集・管理、不動産投資のコンサルなど様々な不動産実務を経験してきました。
ファイナンシャルプランナーの資格も保有し、不動産ばかりでなくお金のこともご相談にのってきました。

リンク
著書
主なテーマはお金ですが、住宅購入のためのヒントにたくさんのページを割いています。よろしければ是非ご一読ください。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。