FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい物件情報を手に入れるには…

今回はいつもよりちょっとくだけた話から。

昨日、宅建資格の更新のために法定講習を受けてきました。
周りはほとんどすべて同業者。
つまり不動産屋ばかり。

老若男女いるものの、みんな不動産業界の人間というのは異様な光景です。
普段、業界にいない人が来たら怖いかもしれません(笑)。

そんな講習会の会場ですが、講習中はもちろん携帯電話は不可。

そのため、休憩中は周りで電話の嵐でした。
そんな休憩中の電話のやり取りを聞いていて、

「どこもそうなんだなぁ」

と思った一コマがありました。


どこかの不動産屋の営業マンが会社の上司から連絡らしく、電話で、
恐らく、このお客さんはどうなっているんだという展開の中で・・・

「そのお客さん、物件の希望は聞いているので、それに見合う物件を
もう20件ぐらいメールで紹介しているんですよ。また言ってきているんですか。」

どうやら、紹介はしているもののお客さんからの返事がなく、
困っているところに、そのお客さんから会社に電話がかかってきたという
話らしいのです。さらに、

「もう、何回も(物件資料を)送っているんですが、連絡がないんですよ。
そのたびに違う物件を送ってくれ、とだけは電話で言われるんですが。
何がしたいのかはっきりわからないので、ちょっと困っているんですよね。」

明らかに電話で話す営業マンは嫌な顔をしながら、

「わかりました。戻ったら連絡しておきます。」

といって、次の話題に移っていました。


これは、私にもたくさん経験がありますが、自分の希望だけ言って、
物件資料はもらうものの、それに対する反応が全くないお客様です。

不動産の営業からすると、

・送った物件についてどうなのか、
・どこが気に入らないのか、
・希望とどの程度ずれているのか、
・それとも、もう他で決めたのか、
・家を買うのを諦めたのか、

そういった反応がないと本当に困ってしまうのです。


こういうお客様に限って、「他に物件はないのか」とだけ言ってきます。

これでは、正直に言ってそのうち相手にしてもらえなくなります

つまり、これ以上いい物件の情報はもらえません

なぜなら、送ったものへの反応がないので、次の物件を紹介しにくい
ものですし、営業マンも心理的に嫌になってきます。


私が言うのもなんですが、本当にいい物件を探したいのなら、
きちんと一般常識に照らして対応することです

自分がそうされたらどうなのかという当たり前の話です。

特に、不動産業者なんていくらでもあるからと、見下している方に
この傾向が強いようです。

実は大きい買い物だからこそ、相手が下でも、上でもなく対等に
きちんと話ができる必要がある
のです。

相手を見下す必要もありませんが、自分が素人だからといって、
不動産屋さんの言いなりになる必要もない
ということです。

そのためにも、連絡をもらったら、何らかの反応を示すことが重要です。
きちんと、ここが気に入らないので、次はこの辺を変えてほしいと
はっきり伝えましょう。

ただし、あまり要望が多すぎたり、毎回要望が変わってしまうのも問題です
から、相手の身になって希望はまとめて優先順位を付けて話をするようにしましょう。


どこも同じなんだなぁとしみじみ思った一コマでした。


= / = / = / = / = / = / = / = / = / = / = / =

akitsu_homepage
 不動産サポート.jp
 (不動産サポートオフィス)

不動産相談の専門オフィスです。

相談・アドバイスに特化しているので、不動産会社のような営業は一切ありません。
不動産の専門家が客観的に、的確にお応えします。
人生最大のお買い物の前に、是非、ご相談ください。

・ブログでは書いていないこと
・不動産の基本的なこと
・ちょっと聞いてみたいこと
・試しに専門家の意見を聞いてみたい
など、この機会にぜひご利用ください。

⇒お問い合わせはこちらから

※メールフォームが開きますので、「各種お問い合わせ」を選んでください。
※内容部分に「ブログを読んで」と書いてください。



スポンサーサイト

分譲マンション大手7社<MAJOR7>の新しいサービス

全国のマンション供給の34.4%を占める大手マンションデベロッパー7社が
共同で運営展開するサイト<MAJOR7>に新しいMAPが登場しました。

まずは、その記事を。

<MAJOR7>不動産大手7社が「分譲実績MAP」10年分3200棟のマンションをGoogleマップに
 不動産大手7社が共同運営する新築マンション検索サイト「MAJOR7」は30日、過去10年分、約3200棟のマンションをGoogleマップ上に表示するサービス「分譲実績MAP」(http://www.major7.net/archivemap/)を開設した。

 同サイトは、全国のマンション供給の34.4%(10年実績)を占める大手7社(住友不動産、大京、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス)が提携し、新築マンション販売情報や、マンション選びに関する情報を提供しており、年間70万件のアクセスがある。

 「分譲実績MAP」は、01年から7社が分譲してきたマンション(分譲中、予定含む)約3200棟をGoogleマップに集積したデータベースで、「分譲済」と「分譲中」のタブを切り替え、地域を選択するとマンションが表示される。社名や完成年などで絞り込みもできるので、各社の過去の実績などを確認することもできる。今後、新たに分譲されるマンションの情報もリアルタイムで反映されるという。(毎日新聞デジタル)
毎日新聞 8月31日(水)18時59分配信




実際のサイトを見てみると、まだ情報として足りないところも
感じられるのですが、それでも大手の過去の実績を一つのサイトで
見られるのは便利です。

そこで、この過去の実績情報の活用方法を少しご紹介してみます。


・過去の実績物件で新築物件の完成後のイメージが掴める

例えば、現在、検討している新築マンションがこの大手7社のいずれかの
物件だとしましょう。

新築マンションは、売れ残り物件であれば実際の物件を見ることが
できますが、建築中の物件ではモデルルームを見ることはできても、
実際のボリューム感やグレード感は感じることが難しいものです。
(CGや室内モデルルームと実際外に完成したものはだいぶ違うものです。)

完成後の実際の雰囲気やイメージを見たいと思ってもこれまでは、
その会社の過去の物件がどこにあるのかを探すこと自体非常に面倒でした。

しかし、このサイトの実績情報を見れば、同じ会社の過去の物件を
見つけることが容易になります


分譲マンションの各社では、物件のネーミングによって物件グレードを
差別化しています
ので、新築物件の物件名と同じシリーズの過去の物件を
見れば、概ね近いイメージ(色や造りは違いますが、グレード感は近い)
を感じることができます。


・過去の実績が近くにあれば、価格設定にブレが少ない

その他、今販売している新築物件の近くに過去の実績があれば、
その新築物件の価格設定は妥当性が高くなります


理由としては、他社の販売実績は多少良く報告されることが多いため、
他社物件が近くにあっても、価格設定では想定する部分が多くなり、
価格設定で失敗(高すぎたり、安すぎたり)することがありますが、
自社物件が近隣にあった場合、実際の販売実績データが自社にあるため、
新たな物件の価格設定をうまくできる
のです。

従って、現在販売している新築マンションの近くに過去の実績が
あるほど価格設定の間違いは少なくなります。
(確率の問題ですが。)


一見、あまり役立ちそうにないと考える方もいるかもしれませんが、
過去の実績をすぐに見つけることができるということも、新築物件を
検討するうえでは結構役立ちます


もちろん、そう思って公開している情報ですが、
「このように利用しよう!」
とまでは書いていないので、ちょっとこのブログで利用方法をお話ししてみました。

大手7社の物件を検討している方は、是非、ご活用を。



= / = / = / = / = / = / = / = / = / = / = / =

akitsu_homepage
 不動産サポート.jp
 (不動産サポートオフィス)

不動産相談の専門オフィスです。

相談・アドバイスに特化しているので、不動産会社のような営業は一切ありません。
不動産の専門家が客観的に、的確にお応えします。
人生最大のお買い物の前に、是非、ご相談ください。

・ブログでは書いていないこと
・不動産の基本的なこと
・ちょっと聞いてみたいこと
・試しに専門家の意見を聞いてみたい
など、この機会にぜひご利用ください。

⇒お問い合わせはこちらから

※メールフォームが開きますので、「各種お問い合わせ」を選んでください。
※内容部分に「ブログを読んで」と書いていただけると助かります。






公式サイト
不動産相談総合サイト 不動産サポート.jp
スポンサードリンク
プロフィール

akitsu

Author:akitsu
不動産コンサルタントの秋津智幸です。
これまで新築マンションや一戸建て、中古物件の仲介、賃貸住宅の募集・管理、不動産投資のコンサルなど様々な不動産実務を経験してきました。
ファイナンシャルプランナーの資格も保有し、不動産ばかりでなくお金のこともご相談にのってきました。

リンク
著書
主なテーマはお金ですが、住宅購入のためのヒントにたくさんのページを割いています。よろしければ是非ご一読ください。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。