FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸併用住宅ってどうなの?

先日、折り込みチラシを見ていたら賃貸併用住宅のチラシが入っていました。

以前から一部で話題になっていますので、賃貸併用住宅は
・どういうものなのか
・実際に購入して問題はないのか

など、気になっている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は賃貸併用住宅のメリットデメリットについて
お話しようと思います。


まずはメリットから。

・賃貸収入で住宅ローン返済を軽減
賃貸併用住宅の一番のメリットは、住宅の一部を人に貸すことによって、
賃料収入が期待でき、その賃料分で住宅ローンの負担を軽減できる
というものでしょう。


・賃貸用不動産を住宅ローンで購入できる
少し角度を変えてみると、住宅ローンで賃貸住宅を購入することができる
ということもメリットと言えるでしょう。

一般的に、賃貸用物件(収益不動産)を住宅ローンで購入することはできません

しかし、購入する自宅の一部が賃貸住宅である賃貸併用住宅の場合は、
一定の要件を満たすと住宅ローンで購入することができます

(自己居住部分が建物面積の50%以上というのが一般的な要件です。)

住宅ローンに比べて投資用物件向けのローンは、利用できる金融機関が
限られ、さらに金利などの条件が厳しいことから、住宅ローンで
賃貸用不動産が購入できることはメリットになるのです。


次にデメリットです。


・物件数が少なく、選択の幅が狭い

元々賃貸併用住宅の数は少なく、当然、市場に出回る物件数も
限られています。

そのため、まずは自分の気に入った立地や間取りなどの条件に
合うもの見つけるのが非常に難しい
ものです。

賃貸併用住宅にこだわりすぎると、場合によっては自分にとって
不都合な家を購入することになりかねません。


・売却時に苦労することもある

賃貸併用住宅の物件数が少ない理由でもあるのですが、やはり
自宅の一部に他人が住むことに対して抵抗がある人も多く、
賃貸併用住宅は“純粋な自宅としての住宅”と比べて需要が少ない
という傾向があります。

一方、収益不動産(投資用物件)として見た場合も、住宅部分が
建物の面積の大半を占めるため、利回りが低くなり、投資用で
探している人にとっても中途半端になります


そのため、自宅用物件としても、投資用物件としても中途半端な物件
となってしまい、売却時には苦労します


場合によっては、やや市場より安く売らなければならないこともあります。


この他にも賃貸併用のメリットである賃貸収入も、賃借人が入居しなければ
メリットになりませんから、そもそも賃貸需要が少ない地域で賃貸併用住宅
を購入することはマイナスに作用する
ことになります。

これまで、私がご相談をお受けしてきた方の中にも賃貸併用住宅を
希望されている方はいらっしゃいましたが、気に入った物件が
見つからず断念された方がほとんどです。


賃貸併用住宅を検討されている方は、メリットとデメリットを
考慮して自分に合っているか、家族の賛成が得られるかなど
よく悩んでから購入してください。



= / = / = / = / = / = / = / = / = / = / = / =

akitsu_homepage
 不動産サポート.jp
 (不動産サポートオフィス)

不動産相談の専門オフィスです。

相談・アドバイスに特化しているので、不動産会社のような営業は一切ありません。
不動産の専門家が客観的に、的確にお応えします。
人生最大のお買い物の前に、是非、ご相談ください。

・ブログでは書いていないこと
・不動産の基本的なこと
・ちょっと聞いてみたいこと
・試しに専門家の意見を聞いてみたい
など、この機会にぜひご利用ください。

⇒お問い合わせはこちらから

※メールフォームが開きますので、「各種お問い合わせ」を選んでください。
※内容部分に「ブログを読んで」と書いていただけると助かります。



スポンサーサイト
公式サイト
不動産相談総合サイト 不動産サポート.jp
スポンサードリンク
プロフィール

akitsu

Author:akitsu
不動産コンサルタントの秋津智幸です。
これまで新築マンションや一戸建て、中古物件の仲介、賃貸住宅の募集・管理、不動産投資のコンサルなど様々な不動産実務を経験してきました。
ファイナンシャルプランナーの資格も保有し、不動産ばかりでなくお金のこともご相談にのってきました。

リンク
著書
主なテーマはお金ですが、住宅購入のためのヒントにたくさんのページを割いています。よろしければ是非ご一読ください。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。