FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族の賛成は得たか? ~住宅購入と家族の話

住宅購入を考えている方にとって、意外と忘れがちなのが、
ご家族(親御様が祖父母)の賛成」です。

親御様から「資金の提供」を受ける場合「同居」する場合
必ず相談されることだともいますが、そうでない場合は意外と
相談されていない方が多いようです。

確かに、住宅をご購入されるような方はすでに自立、独立し、
親御様の意見というものは必要ないのかもしれません。


○反対されて後で問題になることも

しかし、現実に不動産を購入するという段階に至って、
「親御様(祖父母)の反対」
で話が壊れることが結構あるのです。

特に、配偶者の親御様の意見(反対)が多いようです。

私の取引経験の中でも何件かあります。
中には、数百万円という違約金を払って解約した方もいらっしゃいます。


親御様などが反対される理由は様々ですが、

・実家があるのだから家を買う必要はない
・大きな借金を背負うことに反対
・購入を希望している住宅の立地や環境が気に入らない
・大きな買い物(人生の岐路?)に至って相談がなかったことに不満


などを聞いたことがあります。

時には、こうした話の縺れ(もつれ)で、親御様との関係がこじれたり、
夫婦の離婚問題まで発展
してしまうこともあるようです。

もちろん、家族世帯(単身以外)だけでなく、単身者でも同じです

親御様それぞれに想いや過去の経験があってのことだからですが、
やはり、住宅購入という大きな岐路にあたっては、具体的に話を
進める前に話をしておいた方がよさそうです



○逆に資金援助があることも

上記では、購入反対の場合のお話ししましたが、逆の場合もあります。


「言ってくれれば、資金援助したのに」というものです。

例えば、全く自分は聞いたことがなかったけれど、実は親御様が
いつか何かの時のために貯蓄をしてくれていて、
住宅を購入するなら、使ってほしいと思っていた、などです。

特に、
「住宅購入資金」については、税金面で優遇されることがあります


例えば、
「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」

は、直系親族から自宅購入のための資金援助を受けたとき、一定の
要件を満たしていれば、特定の範囲内で非課税になるというものです。

詳しくはこちら
↓↓↓
「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」(タックスアンサー)


さらに、上記の特例の非課税枠を超える部分の資金についても
「相続時精算課税選択の特例」

が受けられることがあります。
(一定の要件を満たす必要があります。)

詳しくはこちら
↓↓↓
「相続時精算課税選択の特例」(タックスアンサー)


など、他にも住宅購入資金については、税金面で優遇されることがあります。

親御様にとってもこうした税金面で活用したいと思っていること
があるかもしれませんから、相談する方が正解です。

言葉は悪いですが、
「藪蛇」になることもあれば、「棚からぼたもち」ということもあるかもしれません。


結果はどうあれ、やはり、大きな買い物だけにご家族に相談ぐらいは
しておいた方がいいでしょう。

相談しないで後で問題になるより、先に反対された方が得策ですし、
もしかしたら、資金援助があるかもしれません。

是非、ご家族(親御様や祖父母)とのご相談を忘れずに



= / = / = / = / = / = / = / = / = / = / = / =

akitsu_homepage
 不動産サポート.jp
 (不動産サポートオフィス)

不動産相談の専門オフィスです。

相談・アドバイスに特化しているので、不動産会社のような営業は一切ありません。
不動産の専門家が客観的に、的確にお応えします。
人生最大のお買い物の前に、是非、ご相談ください。

・ブログでは書いていないこと
・不動産の基本的なこと
・ちょっと聞いてみたいこと
・試しに専門家の意見を聞いてみたい
など、この機会にぜひご利用ください。

⇒お問い合わせはこちらから

※メールフォームが開きますので、「各種お問い合わせ」を選んでください。
※内容部分に「ブログを読んで」と書いていただけると助かります。



スポンサーサイト
公式サイト
不動産相談総合サイト 不動産サポート.jp
スポンサードリンク
プロフィール

akitsu

Author:akitsu
不動産コンサルタントの秋津智幸です。
これまで新築マンションや一戸建て、中古物件の仲介、賃貸住宅の募集・管理、不動産投資のコンサルなど様々な不動産実務を経験してきました。
ファイナンシャルプランナーの資格も保有し、不動産ばかりでなくお金のこともご相談にのってきました。

リンク
著書
主なテーマはお金ですが、住宅購入のためのヒントにたくさんのページを割いています。よろしければ是非ご一読ください。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。